ドクター・フー 解説

ドクター・フー DVD-BOX & DVD 第1弾 2007年3月21日発売

0102|03|0405

ドクターは12回生まれ変われる?

 新シリーズでは第1シーズンと第2シーズンで、ドクター役を演じている俳優がクリストファー・エクルストンからデビッド・テナントへ交替している。実は旧シリーズでも26年間に7人の俳優がドクターを演じている。
 初代ドクターを演じたウィリアム・ハートネルは3シーズン演じて、2代目のパトリック・トラフトンと交替したのだが、どうやらハートネルが病に倒れたため、交替せざるを得なかったらしい。この時、ドクター、つまりギャリフレイ星人たちは12回生まれ変わることができるという設定が作られた。そして、生まれ変わる時には外見まですべてが変わってしまうということにして、違う俳優が演じても不思議ではないようにしたのである。
 ドクター役はほぼ3シーズンごとに交替したのだが、4代目のトム・ベイカーはとても人気が高く、74〜81年まで7シーズンにわたってドクター役を演じている。いわば、旧シリーズではトム・ベイカーが「ドクター・フー」の“顔”になっているのだ。
 ところで、新シリーズの最初にドクターを演じたクリストファー・エクルストンは9代目のドクターとしてカウントされている。実は、'89年に終了した後、'96年に復活させる目的でTVムービーが1本制作されている。結局シリーズ化は見送られたのだが、この時ドクターを演じたポール・マクガンが8代目と認められているのだ。
 デビッド・テナント演じる10代目ドクターで、主人公は9回生まれ変わったことになる。あと3回俳優が交替したところでドクターは死ぬことになるのだろうか?

初代ドクター
1963年〜1966年
(シーズン 1〜4)
ウィリアム・ハートネル
2代目ドクター
1966年〜1969年
(シーズン 4〜6)
パトリック・トラフトン
3代目ドクター
1970年〜1974年
(シーズン 7〜11)
ジョン・パートウィー
4代目ドクター
1974年〜1981年
(シーズン 12〜18)
トム・ベイカー
5代目ドクター
1981年〜1984年
(シーズン 19〜21)
ピーター・デイヴィソン
6代目ドクター
1984年〜1986年
(シーズン 21〜23)
コリン・ベイカー
7代目ドクター
1987年〜1989年
(シーズン 24〜26)
シルヴェスター・マッコイ
8代目ドクター
1996年
(TVムービー)
ポール・マクガン
▲ページ先頭へ戻る
©BBC Worldwide Limited 2006  Distributed by BBC Worldwide Limited under licence from 2 entertain Video Limited.