春のワルツ

ソ・ドヨン初のプライベートDVD「一瞬の永遠」 &日本未放送 主演ドラマ「愛の記憶」 7月25日発売決定!

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督・四季シリーズ最終章!

韓流ブームの火付け役となった「秋の童話」、「冬のソナタ」、「夏の香り」に続く、最新作。

運命に導かれるようにしてめぐり合った4人の男女の心の葛藤を、芸術の都ウィーンでメトロキノ劇場、シュテファン大聖堂、ミラベル宮殿、ザルツブルグ城等など美しい映像をふんだんに盛り込み“映像の魔術師”ユン・ソクホ 監督独特の繊細な映像美で描く作品。

ストーリー

舞台は、真冬のオーストリア。天才ピアニストのチェハ、そのマネージャーを務めるフィリップ、チェハに15年前から想いを寄せているイナ、そしてアクセサリー・デザイナーを目指しているウニョン。運命に導かれるようにして巡り会う4人のストーリー。

無愛想なチェハと、人なつこいウニョンは会話もかみ合わない。そんな出会いのチェハとウニョン。しかし、チェハは、ウニョンの仕草一つ一つに、幼い頃一緒に過ごした少女の面影を見出す。一方、ウニョンもどこか影のあるチェハの存在が気になっていく。

レコード会社の重役を務めるキャリアウーマンのイナは、15年前に出会い、ピアノコンクールで緊張していた自分を勇気づけてくれたチェハを忘れずにいた。ヨーロッパでの彼の活躍ぶりを記事で読んだイナは、チェハを韓国で売り出そうとオーストリアまでやってくる。

そしてフィリップは、自分自身もピアニストを目指しながらもチェハの才能にほれ込み、マネージャーだが、親友としてもチェハをサポートしていた。

ある日、フィリップも偶然空港で出会ったウニョンの純粋さに強く惹かれていく。

やがて舞台はソウルに移り、4人それぞれの想いが交錯しすれ違っていく中、少しずつ真実が明らかになっていく。チェハの偽りの過去とは何か…? 一途な愛ゆえのイナがとった行動の行方は…?

更新情報

    「春のワルツ」プロモーションサイトを更新しました。【2006.12.01】
    「春のワルツ」プレサイトを新設しました。【2006.10.06】

出演

チェハ:ソ・ドヨン(声:松田洋治)/ウニョン:ハン・ヒョジュ(声:加藤忍)
フィリップ:ダニエル・ヘニー(声:比留間由哲)/イナ:イ・ソヨン(声:林 真里花)

STAFF

制作:ユンス・カラー(2006年韓国)
日本語版制作:NHKエンタープライズ/東北新社
企画協力:(株)国際メディア・コーポレーション
発行:NHKエンタープライズ
販売元:(株)バップ

▲ページ先頭へ戻る

©2006 YOON’S COLOR

このサイトをご覧になるには最新のFlashPlayerが必要です。
macromediaサイトからダウンロードしてください。