イントロダクション

 風景が、まるで生きもののようにまじわる街、東京。
ビルの間を抜けてゆく雲、夜の道に連なる車のあかり、器用に交わし合う人の波。
駆けてゆくようなテンポで移ろう風景は、街をおのずと高揚させます。
そんな東京のどこかから、そして何かから逃げてきた女優・トウコ(小林聡美)。彼女がゆく先で出会うのは、やはりどこか別の風景を探してさすらう、迷いの人びとでした。
深夜の高速を車で走るナガノ(加瀬亮)、映画館で働くキクチ(原田知世)、動物園にアルバイトの面接を受けに来たヤスコ(黒木華)。彼らとのそれぞれの時間が、トウコに忘れかけていた風景をよみがえらせ、ふたたび歩き出した彼女の中には、新しい日常が光りはじめます。それは、東京の街を包む朝もやのような、やさしく確かな光のはじまりでした。

 人と場所との関係をシンプルに見つめてきたプロジェクトが、いま見つめるもの。それは、日々の暮しを営む街、東京と、そこに生きる彼ら自身の姿です。
みんなと同じ方を向いていれば、過不足なく安泰でいられると信じている街。そして、ひとりでいることと、誰かと一緒にいることの境界が曖昧になっている人びと。そんな風景の中で、人が人とふれ合うことは、むずかしく、特別なことのようになっていったのかもしれません。
それぞれの生きものが、それぞれの時間を過ごす中でうまれる、ふとしたまじわり。そんな小さな出会いがもたらす、心うるおう時間。人は、そんなうるおいの源を、ひとりひとりの中に持っているのではないでしょうか。

 どこへ向かうのか、さすらいながらも道を選んでいく人びと。
いま見つめているものの、さらにその先へ続く、日常という果てしない旅路。
まじわることのなかったかもしれない、けれどまじわった、誰かとの時間。

 日々の風景の中に、そして自分自身の中に、オアシスを探す旅へ出てみませんか。
そこにはきっと、東京の「いま」が見えてきます。

物語

 深夜の国道。走るトラックへ向かって駆け出した喪服の女・トウコは、コンビニの前でその様子に気づいたナガノの、見事な回転レシーブによって助けられる。車に乗り込もうとするナガノに走り寄り、「乗せてください」と頼むトウコ。「こんなにたくさんレタスのダンボールを積んでるヒトに、悪いヒトはいない」からだという。二人を乗せ、車は高速道路へ進む。女優として仕事をしているトウコは、衣装を着たまま撮影の現場から抜け出してきたのだと話す。どこかとらえどころのないトウコの話を、半ば疑いながら聞くナガノ。彼もまたゆく道を見失い、止まってしまった人だった。やがて、車は夜明けの海岸へたどり着く。朝もやのかかる風景が、水平線の、その先を見つめるトウコの心をやさしく輝かせていった。

 とある夜。トウコは、ふと入った小さな映画館で眠りこんでしまう。目覚めると、そこには懐かしい知り合い、キクチが立っていた。かつてシナリオライターをしていたキクチは、あるとき唐突に仕事を辞め、今は映画館で働いている。あれからは一切シナリオを書いていないというキクチに、トウコは「なぜ辞めたのか」、そんな素直な問いをやさしくストレートに投げかける。仕事や自分のことを感じるままに語っていくキクチ。彼女がたどってきた悩める道は、トウコが歩み続ける道でもあった。一つのことを長く続けること、そして、かつての場所に戻ること。「この頃シナリオを書いていた頃のことを思い出す」と話すキクチに、トウコは「また書いてみたら」と明るく語りかけ、そして自らの中にも新しい風が吹き込んでくるのを感じていた。

 のんびりとした動物園。トウコは、からっぽのツチブタの柵の前に佇む女・ヤスコに声をかける。運が良くないとツチブタは見られないと話すトウコに、ヤスコは「私は運に見放された女」だと言い放つ。美術大学を目指す浪人生だったヤスコは、自分に見切りをつけるため、この動物園にアルバイトの面接を受けに来た。そして、その面接にすら「たぶん落ちた」と肩を落とす。猿山の猿たち、草をはむキリン、カメラを構え、動物を見つめる人。それぞれの生きものがそれぞれの時間を過ごす園内を、ゆっくりと回るトウコとヤスコ。鳥の柵の前に立った二人は、天井に縁どられた小さな空を見つめる。そして、この世界のどこかの、たった一人で歩く生きものたちのことを思う。ヤスコにまっさらなはじまりの気配を感じながら、トウコは再び、かろやかに歩き出していった。

 東京の街にうまれる、日常の中のふとしたまじわり。
そんな瞬間を重ねながら、トウコの歩くテンポは決して定まることなく移り変わってゆく。それはまるで駆けてゆくような、そして流れるようにのびやかな、東京という街の持つやさしいテンポである。
再び歩き出したトウコの前には、きっと見慣れたはずの、けれど新しい東京の街が、光りゆらめくように動きはじめていた。

キャスト

トウコ 小林聡美

 主な映画出演作に『かもめ食堂』(06)、『めがね』(07)、『ガマの油』(09)、『プール』(09)、『マザーウォ―ター』(10)など。TVドラマは「すいか」(03)、「神はサイコロを振らない」(06)、「2クール」(08)ほか。「ワタシは最高にツイている」(幻冬舎)などエッセイ集の出版も多数。

ナガノ 加瀬亮

 主な映画出演作に『硫黄島からの手紙』(06)、『めがね』(07)、『それでもボクはやってない』(07)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、ブルーリボン賞、報知映画賞など数々の賞を受賞。ほか、『プール』(09)、『おとうと』(10)、『アウトレイジ』(10)、『海炭市叙景』(10)、最新作は、12月公開『永遠の僕たち』。

ヤスコ 黒木華

 NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」(10)のヒロインオーディションを受け、中村勘三郎(父役)と野田秀樹(母役)との3人芝居で娘役に大抜擢される。NODA・MAP第16回公演「南へ」(11)、阿佐ヶ谷スパイダース「荒野に立つ」(11)に出演。秋には蜷川幸雄演出公演「あゝ、荒野」への出演を控えている。

キクチ 原田知世

 主な映画出演作に『姑獲鳥の夏』(05)、『サヨナラCOLOR』(05)、『紙屋悦子の青春』(06)、『となり町戦争』(07)、2012年1月公開予定『しあわせのパン』。2011年NHK前期連続テレビ小説「おひさま」など数々の話題作に出演。歌手としてもデビュー以来コンスタントにアルバムを発表。

スタッフ

監督・脚本 松本佳奈

 多摩美術大学グラフィックデザイン卒業。数々のCM演出を手掛けたのち、『めがね』でメイキング映像から特典映像のクレイアニメを演出。監督デビュー作『マザーウォーター』に続き、本作は2本目となる。『東京オアシス』では、トウコとキクチの映画館での物語の監督と、トウコとヤスコの動物園での物語の脚本と監督を担当。

監督・脚本 中村佳代

 日本大学芸術学部映画学科卒業。CM制作会社ピラミッドフィルムを経てフリーランスで活躍。CM、PVを多数手掛ける。主なCMに、「ローソン・ロールケーキ」「JACCS CARD」「NHK BS パラボ刑事 風が吹く」「サッポロ一番 塩カルビ味焼そば」など。PVは、 「曽我部恵一BAND・永い夜」「髭・青空」「カジヒデキ・WHITE SHOES」など。『東京オアシス』では、 トウコとナガノの高速での物語の脚本と監督を担当。

脚本 白木朋子

 日本大学芸術学部卒業。前作『マザーウォーター』に続き、今作が2本目。『東京オアシス』では、トウコとキクチの映画館での物語を担当。また、『東京オアシス』のDVDに収録予定の、光石研、市川実日子、もたいまさこが出演するスピンオフ企画の脚本を担当。

音楽 大貫妙子

 1973年、山下達郎らとシュガー・ベイブを結成。76年のソロ・デビュー以来、最新作「UTAU」を含めて27枚のオリジナル・アルバムをリリース。日本のポップ・ミュージックにおける女性シンガー&ソング・ライターの草分けのひとりとして、その独自の美意識に基づく繊細な音楽世界、飾らない透明な歌声で、多くの人を魅了している。『めがね』(07)、『マザーウォーター』(10)で主題歌を担当し、『東京オアシス』では、主題歌のみならず、劇中の音楽も担当。

クレジット

CAST

小林聡美
加瀬亮
黒木華
原田知世

森岡龍
大島依提亜

光石研
市川実日子
もたいまさこ

STAFF

監督・脚本 松本佳奈 中村佳代
脚本 白木朋子

音楽  大貫妙子 (オリジナルサウンドトラック バップ)

企画  高野いちこ
エグゼクティブプロデューサー 大島満
プロデューサー  小室秀一 前川えんま 木幡久美
ラインプロデューサー  関友彦

撮影  大橋仁
照明  大竹均
録音  古谷正志
美術  松下祐三子
スタイリスト  堀越絹衣
ヘアメイク  北一騎 渡辺千尋
フードスタイリスト  飯島奈美
編集  普嶋信一
スクリプター  天池芳美 
音楽プロデューサー 石井和之
メインコピー 太田小舟
写真  大川直人
ポスター写真 田尾沙織
トータルデザイン 大島依提亜

撮影協力 目黒シネマ 千葉市動物公園

製作 オアシス計画 (バップ シャシャ・コーポレイション パラダイス・カフェ スールキートス)
制作プロダクション  パラダイス・カフェ
配給・宣伝  スールキートス
宣伝協力 アルシネテラン

2011年/日本/カラー/35ミリ/アメリカンビスタ/DTS SR/83分
(C)2011オアシス計画