新たな伝説(レジェンド)、始動! OVA『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』DVD&Blu-ray、2009年6月24日よりリリース開始!

聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 第2章 《各話あらすじ》

聖戦、激化!

神話の時代から繰り返されてきた女神アテナと冥王ハーデスの戦い“聖戦”。星矢たちアテナの聖闘士とハーデスの死闘が繰り広げられた「聖闘士星矢」の時代よりはるか昔、18世紀。前聖戦におけるペガサスの聖闘士と冥王ハーデス、そして女神アテナの宿命のドラマは、新たな局面を迎える!
ハーデスの描き出す天空を覆う巨大な絵、「ロストキャンバス」。それが完成する時、地上の生命は全て消失するという…。地上の平和を守るアテナの聖闘士、その一人ペガサスの聖闘士となったテンマは、ハーデスの依代となった親友アローンを止めるべく、アテナの化身・サーシャの護る聖域を後にし、ハーデス城へと向かうのだった。

第14話「死の森」 (2011年2月23日発売 DVD&Blu-ray Vol.1 に収録)

第14話「死の森」アローンを冥王として完全に覚醒させるため、「ロストキャンバス」の制作に専念するようその身を幽閉するパンドラ。その陰で、神話の時代から冥王との因縁を持つペガサスの聖闘士の存在を危惧し、冥王の側近である双子神・タナトスとヒュプノスが動き始めていた。
一方、聖域ではジャミールの長老・ハクレイが教皇の下を訪れる。そして蟹座の黄金聖闘士マニゴルドも教皇の命を受け、テンマの後を追う。
その頃、ハーデス城に向かう途中、滅ぼされた故郷の村に着くテンマだったが、そこに現れたのは妖しさを放つ巨大な森だった。

第15話「もしあの日に帰れたら」 (2011年2月23日発売 DVD&Blu-ray Vol.1 に収録)

第15話「もしもあの日に帰れたら」死の森に足を踏み入れ、テンマたちとはぐれてしまったユズリハ。その目の前に、死んだはずの弟・トクサの姿が現れる。トクサの呼びかける声に、ユズリハの思いは過去へと向かう…。
その一方、耶人は巨大なムカデに追いつめられていた。薄れゆく意識の中で耶人もまた、少年時代のことを思い出すのだった。
冥闘士ベロニカと対峙し苦戦を強いられるテンマの下に、二人は辿り着けるのか?

第16話「神と駒」 (2011年3月18日発売 DVD&Blu-ray Vol.2 に収録)

第16話「神と駒」ベロニカが操る無数のゾンビに囲まれるテンマたちだが、蟹座の黄金聖闘士・マニゴルドに助けられる。教皇の命を受けテンマの護衛として現れたマニゴルドは、圧倒的な強さでベロニカの体を真っ二つに。それでも死なないベロニカは、森とともにテンマたちを腐らせようとする。
一方、離宮では一連の闘いを双子神ヒュプノスとタナトスがチェスをしながら眺めていた…。

第17話「塵芥」 (2011年3月18日発売 DVD&Blu-ray Vol.2 に収録)

第17話「塵芥」双子神の居場所をつきとめたマニゴルドだが、死の神タナトスの圧倒的な力の前に、為す術なし。そこへ教皇セージがかけつけ、応戦する。
タナトスの攻撃を受けながら、マニゴルドは幼少時代にセージと出会った日のことを思い出す。戦争孤児だったマニゴルドは、かつて人間の命など塵芥だと考えていた…。
ついに本気となるタナトスを前に、果たして勝機はあるのか?

第18話「ただ生きてほしい」 (2011年4月20日発売 DVD&Blu-ray Vol.3 に収録)

第18話「ただ生きてほしい」マニゴルドに傷つけられたことによって、タナトスがついに本気になった。圧倒的に不利な状況で、しかしセージはひるまない。「絶望などと、簡単に口にするでない」というセージの言葉から、マニゴルドは師との昔のやりとりを思い出し、希望を取り戻す。二人は一縷の勝機にかけて「積尸気冥界波」を放ち、タナトスの魂を肉体から分離させることに成功するが…!

第19話「孤高の剣」 (2011年4月20日発売 DVD&Blu-ray Vol.3 に収録)

第19話「孤高の剣」ヒュプノスは、夢を司る四人の神々を招集する。その一人、幻夢イケロスは、人馬宮にまで侵入し、その場に居合わせた山羊座のエルシドの攻撃をかいくぐり、未だ意識の戻らないシジフォスの魂を奪い去る。エルシドはシジフォスの魂を奪還すべく、単身、聖域を後にする。
シジフォスの右腕として常にそばにいたエルシドは、シジフォスが目覚めない理由を感じ取っていた…。

第20話「夢の牢獄」 (2011年5月18日発売 DVD&Blu-ray Vol.4 に収録)

第20話「夢の牢獄」エルシドは、シジフォスの魂を奪還するため、夢を司る四神の一人・イケロスに戦いを挑むも、片腕をもぎ取られ崖の下へと落下していく。一方、ハーデス城へと向かっていたテンマは、ユズリハや耶人とはぐれてしまい、なぜか滅んだはずの故郷へとたどり着く。そこには幼いアローンやサーシャの姿が。「今までのことは、すべて夢だったのか?」混乱するテンマだったが…。

第21話「夢の先に」 (2011年5月18日発売 DVD&Blu-ray Vol.4 に収録)

第21話「夢の先に」エルシドは、空間を自在につなげて攻撃してくるイケロスに対し、自らの血を舞わせてその動きを読み、イケロスを貫き倒す。
その頃、ペガサス流星拳で夢から覚めたテンマの前に、造形者モルぺウスが立ちはだかる。モルペウスは夢界に咲く芥子の花で次第にテンマの感情を奪っていくが、テンマの耳にアローンの声が聞こえると、テンマの聖衣に変化が表れて…!

第22話「大義の道」 (2011年6月22日発売 DVD&Blu-ray Vol.5 に収録)

第22話「大義の道」イケロスたちと合体したオネイロスの前に、テンマたちは、シジフォスの魂を救うこともかなわず、追い詰められてしまう。だがそこに、シジフォスを救おうと、アテナであるサーシャ自らが夢界へと乗り込んできた。サーシャの邪魔をさせまいと、テンマとエルシドは再びオネイロスに立ち向かう。そしてオネイロスを夢界から地上に追いやることに成功する!

第23話「聖剣」 (2011年6月22日発売 DVD&Blu-ray Vol.5 に収録)

第23話「聖剣」夢界へやってきたサーシャは、シジフォスの夢へ入っていく。シジフォスは夢の中で、自分がサーシャを聖域に連れ去ったことが彼女を不幸にし、さらに聖戦の引き起こしてしまったのではないかという罪悪感に苛まれていた。心を閉ざし闇に落ちかけたシジフォスを、サーシャは命を賭けた説得で救い出す。だが、そのころ地上では、オネイロスとの戦いの中で、エルシドの小宇宙がついに尽きようとしていた…。

第24話「血戦の時」 (2011年7月20日発売 DVD&Blu-ray Vol.6 に収録)

第24話「血戦の時」四神が倒されたことで、ヒュプノスの「眠りの結界」は破壊され、遂に聖闘士達は、亡き仲間たちの想いを胸にハーデス城へと進軍する!
ハクレイはセージに代わって全聖闘士たちを鼓舞し、自らも眠りの神ヒュプノスを討つべくハーデス城に乗り込んでいく。だがそのころ、夢界でロストキャンバスを描き続けていたアローンは、ヒュプノスによってついに冥王ハーデスとして完全に覚醒してしまう…。

第25話「幾星霜」 (2011年7月20日発売 DVD&Blu-ray Vol.6 に収録)

第25話「幾星霜」先代アテナの加護を受けた剣を携えてハーデス城に一人潜入したハクレイは、立ちふさがる冥闘士をなぎ倒しながら進み、ハーデス城を守る結界の中心を発見する。しかし、アテナの剣で結界を破ろうとしたそのとき、ハクレイの前にヒュプノスが立ちはだかる。ハクレイは、前聖戦からの因縁の相手であるヒュプノスとの戦いに決着を付けることができるのか!?

第26話「お前らしくあれ」 (2011年7月20日発売 DVD&Blu-ray Vol.6 に収録)

第26話「お前らしくあれ」ハクレイはかつて共に戦った同胞たちの力を借りた積尸気転霊波で、ヒュプノスを封印することに成功する。だが、ハクレイが再び結界を解こうとアテナの剣を振り上げたその瞬間、冥王ハーデスが現れる。テンマや童虎も駆けつけるが、覚醒したハーデスの力はあまりにも強大すぎた。もはや為す術はなく、撤退すらもできない。絶体絶命…。そう思われたそのとき…!

©車田正美・手代木史織/秋田書店・TMS
VAP@WEB
第1章のPRサイトはこちら