シナリオ登龍門

プロの脚本家を目指す若き才能と若手俳優のコラボレーション

《連載コラム》 あの日の少女たち、少年たち
 ― 2003年 『なつのひかり。』 ―

SMAPの「世界に一つだけの花」が大ヒットした2003年。
すでに数々のCMに出演していた相武紗季は女優としての力を蓄え、
現在の活躍につなげる原動力を養っていた。

相武紗季 “経営難の町工場”や“父親の自殺”など、とかく負の要素が多い本作だが、主演を務める相武紗季の明るいキャラクターと下町の元気な女子高生・宏美という役柄がステキにマッチングして、暗く沈まない、優しいヒューマンドラマに仕上がっている。
 歯を「イーッ」とした感じで笑う相武スマイルは、このころからスパーク(笑)!彼女の笑顔は、観ているだけで元気になる。
 相武といえば現在、10社以上のTVCMに出演する、いわばCMの女王。
 一般的には女優というより、CMタレントとしての活躍が目立っているかもしれない。
 しかし、本作を観るかぎり、女優としての才能も十二分に感じられる。
大杉 漣モロ師岡高橋ひとみ とくに本作は、大杉 漣、モロ師岡、高橋ひとみと個性的なベテラン俳優が脇を固めているので、求められる演技力・表現力はかなり高いと思うのだが、難なくこなしている。
 本作を見終わった後、「(相武が出演している)ほかの作品も観てみたいな〜」と思わせるほどだ。
 というわけで、女優・相武紗季を知るための初級編として、本作をオススメしたい。

おまけの少女

相武紗季が演じる宏美の友だち役で、サエコが出演しています。サエコといえば現在、現役の女子大生にして、北海道日本ハムファイターズのエース・ダルビッシュ有投手の奥さま。まだ幼さの残るサエコの女子高生っぷりにご注目ください。

©NTV