シナリオ登龍門

プロの脚本家を目指す若き才能と若手俳優のコラボレーション

日本テレビが公募した『シナリオ登龍門』から生まれた
注目のドラマ群を一挙DVD化!

 日本テレビにて'96年から'05年までの10年間、毎年実施された『シナリオ登龍門』は、脚本家の新たな才能を発掘するために、シナリオを公募し、受賞作をドラマ化するという意欲的な企画。中でも'01年以降の作品は、人気の若手俳優が多数出演し、大いに注目を集めました。そんな『シナリオ登龍門』の'01年から'05年の5作品が一挙DVD化されました。  出演者の顔ぶれは、宮アあおい、蒼井優、小西真奈美(以上『青と白で水色』)、神木隆之介(『沈まない骨』)、相武紗季(『なつのひかり。』)、他。現在、映画やテレビで大活躍中の彼らがみせる瑞々しい演技は必見です。また、大賞を受賞した脚本家も、『セクシーボイス アンド ロボ』第4話、第7話などの脚本を担当した山岡真介(『きたな(い)ヒーロー』)をはじめ、いずれも現在その仕事が注目されています。

《連載コラム》 あの日の少女たち、少年たち

©NTV