Profile

Ryu Matsuyama

ジャンルの壁も国籍も超えたピアノ・スリーピース・バンドRyu Matsuyama。
イタリア生まれイタリア育ちのRyu(ピアノ・ボーカル)が 2012年に “Ryu Matsuyama”としてバンド活動をスタート。
2014年、結成当初からのメンバーであるTsuru(ベース)に Jackson(ドラム)を加え現メンバーとなる。

  • 2014年3月29日に1st mini album『Thinking Better』を自主制作し、ライブ会場、iTunesで販売。
  • 2015年11月18日にタワーレコードのレーベルより2nd mini album『Grow from the ground』をリリース。
  • 2016年2月六本木Super Deluxeにてワンマンライブを行い、チケットはSOLD OUT。
  • 2016年7月、タワーレコード渋谷店及びライブ会場限定でデモ音源『WITHSTAND』を販売。
  • 2017年5月17日にミニアルバム『Leave, slowly』をリリース。
  • 5月27日にshibuya WWWでワンマンライブを行う。
  • 情熱大陸ライブの大阪・東京公演に出演。
  • 2018年2月11日、新代田FEVERにて自主企画ライブ“and”を開催。
  • 2018年5月16日アルバム「Between Night and Day」を発売。

イタリア生まれイタリア育ち。
20年間イタリアで暮らし、2010年より日本に移住、音楽活動を開始。
楽曲制作やボーカリスト、キーボーディストとしても多岐に渡り活動中。
作詞・ボーカリストとしてエイティアに参加、ゲーム音楽、クリエイターとのコラボ作品も数多く行っている。
Aun beatzのメンバーとしても活動している。

鹿児島出身。
両親の影響で幼少期から音楽に慣れ親しみ、10代前半からベーシストとして活動。
18歳で上京し、Ryuと出会いバンドを結成。

Steely danの音楽に影響を受け、
バークリー音楽大学に奨学生として入学。
在学中はヒップホップバンドEndangered Speechesのメンバーとして全米ツアーに参加。
作編曲家井上鑑率いるアレンジャー集団“鑑組”に所属する傍ら、世界で最も新しいアコースティック楽器ハンドパン演奏家としても活動中。
2014年にRyu Matsuyama正式加入。Aun beatzのメンバーでもある。