2018年度新卒採用
リクルーティングセミナー レポート


4月22日(土)にリクルーティングセミナー(会社説明会)を開催しました。当日は多くの方にお越しいただき誠にありがとうございました。
当日お越しいただけなかった皆様に向けて、説明会の模様をレポートさせていただきます。



リクルーティングセミナー 構成

■バップについての概要説明
人事総務部の採用担当者から、簡単な会社説明を行いました。
実際の仕事の内容をイメージしていただくために、「仕事の流れ」を中心に、バップの歴史や株主構成から事業内容、バップが今後取り組んでいくべき課題などをご説明しました。
短い時間でしたが熱心にメモをとる学生の皆さんの姿が印象的でした。

また、説明開始までの待ち時間にはバップに所属するアーティストのミュージックビデオや、バップが手掛ける映像作品のプロモーション映像をご覧いただきました。せっかくの機会ということで席が近い学生の皆さん同士でコミュニケーションをとるなど、会場内は和やかな雰囲気でした。
■若手社員座談会
会社概要説明の次に、第一線の現場で活躍する若手社員が各回3名ずつ登壇し、仕事のやりがい、失敗体験、自分の就職活動を振り返っての感想、日本テレビグループとしての繋がり等を座談会形式でお話しました。

バップがアットホームな雰囲気の会社であることや、入社まではみんな特別な能力をもっていたわけではなく、「音楽や映像が好きで、こんなことをやってみたい」という想いをもって入社し、それを実現させるべく日々働いているということを、皆さんに知っていただけたのではないでしょうか。
また、学生の皆さんに書いてきていただいた質問にもその場で答えてもらい、登壇者も普段の自分を振り返ったり、時には就職活動をしていた時の自分を思い出したりしながら、回答していました。
【登壇者部署と入社年】

第1回 音楽制作(2013年入社)、映像制作(2012年入社)、映像販促(2014年入社)
第2回 映像制作(2014年入社)、音楽販促(2012年入社)、TF営業(2015年入社)
第3回 音楽制作(2013年入社)、映像制作(2015年入社)、商品管理(2015年入社)
第4回 映像制作(2015年入社)、音楽販促(2012年入社)、東日本営業(2014年入社)

■先輩社員質問会
エントランススペースに移動し、先輩社員質問会を実施しました。
若手社員(主に2年目~5年目)が「音楽部門」、「映像部門1(アニメ中心)」、「映像部門2(実写中心)」、「営業部門」、「管理部門(経理、商品管理など)」の5つのブースに分かれ、学生の皆さんが先輩社員を取り囲む形で質疑応答を行いました。座談会に登壇しなかった若手社員も数多く参加し、仕事内容から、プライベートでの過ごし方や就職活動のアドバイス等を、より近い距離で皆さんにお伝えできたのではないでしょうか。

セミナーの中で参加者の皆さんから多かった質問と先輩社員の回答をご紹介します

Q、バップの強みを教えてください。
A、少数精鋭なところだと思います。ひとりあたりの業務量が多く、大変なこともありますが、若いうちから様々な仕事を任せてもらえるので勉強になります。また、日本テレビグループ各社との繋がりも大きな強みのひとつです。

Q、バップの良いところ、悪いところを教えてください。
A、良い意味でも、悪い意味でも「良い人」が多いところでしょうか。仕事を親身に教えてくれる先輩もたくさんいて、年齢に関係なくよく飲みに連れて行ってくれたりします。その反面「もっとちゃんと叱ってよ!」と思ってしまうこともあります・・・笑

Q、やりがいを感じるのはどんな時ですか?
A、自分の名前が商品や番組のクレジットに載ったときや、関わった作品が店頭に並び、それを手にとるお客さんの姿を実際に見たときは、その作品を作るまでの辛かったことも吹き飛ぶぐらい、やりがいを感じます。

Q、パッケージビジネス以外にはどのようなことに取り組んでいますか?
A、バップはパッケージメーカーという面を持ちながらも、様々なビジネスに取り組んでいます。音楽、映像の配信や、グッズ制作、権利ビジネスにも注力し、「コンテンツ総合カンパニー」を目指して日々精進しています。

Q、どうやって新人アーティストを発掘しているのですか?
A. 発掘の専門部署はなく、制作担当者自らが常にいろいろなことにアンテナをはり、ライブハウスに足を運んだり、信頼できる方に紹介してもらったり、オーディションをしたり、YouTubeで話題の動画をチェックしたり etc…。
ケースバイケースですが、様々な方法で探しています。

Q、仕事は忙しいですか?
A、忙しくないと言えば嘘になります。時期にもよりますが、作業が深夜になることもありますし、イベント等で土日に出勤しなければならない時もあります。
でもそんな中でもスケジュールを調整してバランスよく休みをとっています。
会社としてもワークライフバランスを推奨しており、リフレッシュ休暇制度、ノー残業デーなどもあります。もちろん年末年始休暇、夏休みもあります。

Q、どんな人が向いていると思いますか?
A、いろんな人を巻き込んで物事を進めていけるコミュニケーション能力が高い人です。
また、「ミスを引きずらない」ことも大切です。仕事でミスをして、先輩や他社の方に叱られた時にしっかりと反省することも大事ですが、それを引きずらずにすぐに前に進める人が向いていると思います。

Q、他部署との関わりはありますか?
A、たくさんあります。仕事の面でも、例えばアニメの作品を映像部門がDVDとして企画し、そのサントラを音楽部門が制作するという事が挙げられます。プライベートな面でも、全く違う部署の人と年の差も関係なくよく飲みに行ったりします。

Q、新人研修はどういった内容ですか?
A、現在、日本テレビグループ合同での研修を強化しています。内定後、入社までの間にも数回研修があったり、入社後も合同研修を実施したり、横の繋がりもあります。
また、バップでも各部署の先輩について実際の仕事内容を体験する機会もあり、会社全体の仕事を知ることができます。

Q、どんな就職活動をしていましたか?
A. 音楽やアニメ、映画が好きでそれに携われる業界を中心に受けていました。しかし、狭き門なので、他にも興味のある業界を受けたりもしました。


いかでしたでしょうか。
少しでもバップや仕事内容についてご理解いただき、興味を深めていただければ幸いです。

なお、バップの仕事内容に関しては「VAPの仕事」にも詳しく載っていますので、合わせてご覧ください。