主演・堺雅人 戦後沖縄を生きてきた人々の、感動のヒューマンドラマ『ニセ医者と呼ばれて 〜沖縄・最後の医介輔〜』

2011年4月20日、バップよりDVD化!

解説

場面カット左揃え 戦後の沖縄では、医師不足を補うために、軍の衛生兵など、医療に従事した経験のある者に、医師免許がなくても特別に医療に当たらせる代用医師の制度がありました。“医介輔(いかいほ)”と呼ばれるこれら“免許を持たない医師”たちは、満足な薬も治療設備も持てない立場にジレンマや無力感を抱えながらも、沖縄の人々のために懸命に尽くしました。そんな一人、'08年に87歳で引退するまで仕事を続け、「最後の医介輔」と呼ばれた実在の人物・宮里善昌さんをモデルに描いたドラマが『ニセ医者と呼ばれて 〜沖縄・最後の医介輔〜』です。読売テレビ/日本テレビ系にて'10年12月9日に放送、大きな反響を呼びました。
 沖縄の厳しい現実と向き合いながら、献身的に治療を行う主人公・良明に堺雅人。そんな夫にしっかりと寄り添う妻・ハナに寺島しのぶ。さらに尾野真千子、阿部力、今井雅之、津川雅彦ら、出演陣にはベテラン、若手の実力派が顔をそろえ、深みのあるドラマを作り上げています。加えて、DVDには、ドラマ化にあたり、モデルとなった宮里善昌さんと対面した堺雅人がドラマへの思いを語るインタビューなど特典映像も収録。
 戦後の苦悩を見つめ、その時代を生きる人々を正面から、丁寧に描くことから生まれる人と人との深い絆、強い信頼関係……。多くの人の涙を誘った感動のヒューマンドラマです。

ストーリー

場面カット右揃え '59年、アメリカ統治下の沖縄。医介輔の宮前良明(堺雅人)は、米軍基地のある村で、病やケガに苦しむ村の人々のために診療を行っていた。つつましい生活をしながら、治療費を払えない貧しい人には、逆に金を渡すような良明を、妻のハナ(寺島しのぶ)は黙って見守り、献身的に支えた。ある日、近くに住む漁師の妻が診療所にやってきて、自身の妊娠を告げる。しかし、彼女は3カ月前に米兵にレイプされ、お腹にいる子が夫の子か米兵の子かわからないという……。

キャスト

堺雅人、尾野真千子、阿部力、今井雅之・津川雅彦・寺島しのぶ

スタッフ

脚本:
遊川和彦
演出:
国本雅広
チーフプロデューサー:
堀口良則(読売テレビ)
プロデューサー:
岡本浩一(読売テレビ)、大森美孝(日テレ アックスオン)
制作協力:
日テレ アックスオン
制作著作:
読売テレビ
CDをバップで予約

ニセ医者と呼ばれて 〜沖縄・最後の医介輔〜

発売日:
2011年4月20日(水)
品番:
VPBX-13576
価格:
¥3,800+税
収録時間:
本編約90分+特典映像53分
仕様:
カラー/ステレオ/ドルビーデジタル/片面2層/16:9ビスタサイズ/日本語字幕(本編のみ)

※DVDレンタル同日開始(VPBX-18684)

映像特典

©ytv
VAP@WEB