|1|234

■波多野憲二(はたのけんじ)/CV:川島得愛
「モンキーターン」主人公。はじめて見たモンキーターンに驚き、はじめて乗ったペアボートで面白さを体感してプロ・ボートレーサーになることを決意。やまと競艇学校に入学し1年2ヶ月の研修期間の末、プロレーサーになる。生まれつきの運動センスと負けず嫌いな性格をいかして「日本一のレーサー」を目指す。明るい性格で周りの人をいつの間にか惹きつけている。また女の子も大好きなナンパでもある。

■生方 澄(うぶかたすみ)/CV:野田順子
憲二の幼なじみで恋人(?)。憲二の家のお隣さん。おまけに窓の向こうは憲二の部屋だ。競艇場にありさと共に応援に来たり、メットをプレゼントしたりとかいがいしい女の子。言葉は少なくても芯のしっかりした女の子。

■城ヶ崎ありさ(じょうがさきありさ)/CV:根谷美智子
憲二の家のお向かいさんであり友人。気付けば競艇に異様に詳しくなっている。何ごとにも動じないが、憲二と澄の仲を見守っている(?)。憲二いわく「謎の生き物」。

■青島優子(あおしまゆうこ)/CV:高野直子
憲二と同じやまと競艇学校の82期生。研修期間中に父親を亡くし、一家を支えて行くことを心に決めている。憲二とは競艇学校に向かう途中、印象的な出会いがあり、またいつも前向きな憲二に魅かれていく。

■洞口雄大(どうぐちたけひろ)/CV:間島淳司
82期ではトップの成績をもつ。憲二の同期でライバルにして、超強豪レーサー「愛知の巨人」こと洞口武雄の息子。普段は冷静だが、こと父親の話題になると嫌悪感を見せる。その父親とは確執(?)のためかあまり親子の会話もないようだ。

■洞口武雄(どうぐちたけお)/CV:青野武
SG優勝10回を誇る、超怒級のベテランレーサーにして波多野憲二のライバル・洞口雄大の父親。「愛知の巨人」の異名を持つ。生涯獲得賞金は13億ぐらい。勝負にかける執念も人並みはずれている、そのためグループを作ることの多い今日の競艇界でも一匹狼で行動しているようだ。

■古池勘一(こいけかんいち)/CV:麦人
A1級の超ベテラン競艇選手。性格はガンコ。趣味で少年野球の監督をしている。過去に弟子を事故で引退に追いやってしまった負い目を感じそれ以来弟子は取っていないが…。

■萩原麻琴(はぎわらまこと)/CV:岡村明美
憲二を競艇の世界に向かわせるきっかけになった憲二の高校のOG。女子レーサーでは上位のランクのプロ・ボートレーサー。

■岸本 寛(きしもとひろし)/CV:私市淳
ニックネームは「純」。これは某ドラマのキャストに似ているという事からついた。憲二と同期の82期生で初期D班の一人。気弱な印象だが、コツコツと努力し着実に力をつけている。小さい頃からの競艇ファンのようだ。

■小林瑞木(こばやしみずき)/CV:豊嶋真千子
第82期の同期生で初期D班の一人。学科は得意であるが、旋回は苦手。波多野憲二に競艇学校で唯一ひとりになれる秘密の場所をおしえた。

©河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト・テレビ東京