『みんなで一緒に暮らしたら』2013年4月24日(水) DVDリリース

名女優ジェーン・フォンダが贈る―笑って泣いて、心にしみこむ感動作

イントロダクション

理想的な人生のエンディング!?
笑いと涙を誘ってフランス、ドイツで100万人動員の大ヒット!
あたたかな友情が心にしみこむ感動作

人生のエンディングをどう迎えるかは、誰もがいつかは向き合う最大で最後の選択。年を重ねて悩みを抱える5人の友人同士がみんなで一緒に暮らし始めたら、自分らしい幸せな生活を送れるかもしれない…という斬新なアイデアで、本作を映画化したフランスの俊英監督ステファン・ロブラン。監督の実体験をもとに5年をかけて完成された本作は、2011年第64回ロカルノ国際映画祭で観客から圧倒的な支持を得て絶賛の拍手を浴びた。『みんなで一緒に暮らしたら』は、そんな現代の高齢化社会の悩めるテーマをユーモアたっぷりにあたたかく描いた感動作。

DVD

みんなで一緒に暮らしたら DVD
発売日:
2013年4月24日(水)
品番:
VPBU-13773
価格:
¥3,800+税
収録時間:
本編96分+特典映像
仕様:
片面1層/カラー/16:9LB/ヴィスタ/日本語字幕/ドルビーデジタル2.0ch
特典映像:
劇場用予告編
バップで購入

※DVDレンタル同日開始(VPBU-21501/VPBU-2397/VPBU-16995)  ※商品の仕様は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承下さい。

みんなで一緒に暮らしたら

ストーリー

昔から誕生日を夫や友人5人で一緒にお祝いしてきたジャンヌ。でも最近はみんな年を重ねてそれぞれに悩みが増えてきている様子。ジャンヌも病が進行していることを知って、人生の最後をどう過ごすか考えていた。夫が記憶を失いつつあることも心配の種。そんなある日、デート中に発作で倒れた友人のクロードが、息子に無理やり老人ホームへ入れられるという事件が発生。独立心旺盛なジャンヌたちは、クロードを助け出し、みんなで一緒に暮らすことを決意する。さっそくお手伝いに青年を雇い入れ、みんなが一軒家に引っ越してくるが、初めての共同生活でトラブルが続出、過去の秘密も飛び出して…。

みんなで一緒に暮らしたら

キャスト

ジェーン・フォンダ、ジェラルディン・チャップリン、ダニエル・ブリュール、
ピエール・リシャール、クロード・リッシュ、ギイ・ブドス

みんなで一緒に暮らしたら

スタッフ

監督・脚本:
ステファン・ロブラン
撮影:
ドミニク・コラン
音楽:
ジャン=フィリップ・ヴェルダン
編集:
パトリック・ヴィルフェルト
 
原題:
Et si on vivait tous ensemble?

2011年/フランス、ドイツ/フランス語/96分/ヴィスタ/ドルビーデジタル/字幕:古田由紀子
配給・宣伝:セテラ・インターナショナル、スターサンズ 宣伝協力:グアパ・グアポ

©LES PRODUCTIONS CINEMATOGRAPHIQUES DE LA BUTTE MONTMARTRE / ROMMEL FILM / MANNY FILMS / STUDIO 37 / HOME RUN PICTURES
VAP@WEB