『怪奇大作戦 セカンドファイル』2007年8月22日DVDリリース!

OUTLINE

image01 『怪奇大作戦』は1968年に、円谷プロダクションが『ウルトラセブン』の後番組として制作、放送した特撮犯罪ドラマ(制作:円谷プロダクション、TBS)である。それまでの怪獣もの特撮ドラマからイメージを一新し、怪奇犯罪とその謎解きの面白さはもちろん、事件の背後に隠された人の心の闇にこそ真の“怪奇”が潜むという社会派のスタンスが大人のファンも巻き込み、平均視聴率22%の人気番組となった。
 '69年3月の放送終了から38年。今なお多くのファンを惹きつけている『怪奇大作戦』が待望の復活! オリジナルの基本設定を引き継ぎつつ、その上で現代的にアレンジした『怪奇大作戦 セカンドファイル』全3話がNHK、円谷プロによって制作され、'07年4月にNHK BS hiにて、5月にはNHK BS2で放送された。このリメイク版『怪奇大作戦』は、旧作を手がけた監督のひとりで、昨年急逝した実相寺昭雄監督が長年温めてきた、まさに悲願の企画。今回実相寺監督は、シリーズ構成を担当するなど中心的役割を果たし、うち1作で脚本も手がけている。
image02 注目すべきは、そんな実相寺監督の遺志を継いで、今回の3話の演出を担当した気鋭の映像作家たち。「ゼウスの銃爪(ひきがね)」は『呪怨』でハリウッド進出も果たした清水崇監督、「昭和幻燈小路(げんとうこうじ)」は実相寺監督の愛弟子である北浦嗣巳監督、そして「人喰い樹(じゅ)」は『リング』でジャパニーズ・ホラー・ブームを巻き起こした中田秀夫監督。世界を相手に活躍する監督陣の競演も大きな見どころと言えよう。
 奇想天外な事件の謎を卓越した科学力と鋭い洞察力を駆使して解き明かすSRI(特殊科学捜査研究所)のメンバーたち。そして迎える意外な結末……。
 テーマ曲は、今注目のダンス・ボーカルユニットgirls on the runによる「リアル」。

CAST

西島秀俊 田中直樹 青山草太 美波   寺田農   岸部一徳  ほか

STAFF

原作:円谷プロダクション
シリーズ構成・題字:実相寺昭雄
脚本:中野貴雄/実相寺昭雄・玉城悟/小林雄次
音楽:冬木透・TAK-MI
制作統括:菅山明美・安原裕人・西村崇
企画プロデューサー:北浦嗣巳
プロデューサー:米村宏
演出:清水崇/北浦嗣巳/中田秀夫
制作協力:NHKエンタープライズ
制作・著作:NHK・円谷プロ