NEWS & 更新情報

韓流10周年

イ・サン

トンイ

王女の男

太陽を抱く月

イントロダクション

朝鮮王朝時代からタイムスリップしてきたキム・ブンドと 歴史ドラマでイニョン王妃を演じる女優のチェ・ヒジン。 時間も空間も越えた二人の恋の運命は・・・!

ストーリー

時は朝鮮王朝時代。王の命を受けて南人の動きを監視していた弘文館の校理キム・ブンドは、右議政ミン・アムらが企てたイニョン王妃の暗殺計画を阻止する。しかし、ミン・アムの刺客に命を狙われ、もはやこれまでと思った瞬間、現代にタイムスリップしてしまう。一方、現代の韓国。無名の女優チェ・ヒジンは、ドラマ「新 張禧嬪」でイニョン王妃役に抜擢される。そして、撮影現場でブンドと出会う。ドラマの関係者だと思っていたヒジンだが、何度か奇妙な出会いが続くうち、半信半疑ながらブンドの状況を理解し、彼を助けることになる。

キャスト

チ・ヒョヌ(キム・ブンド)
ユ・インナ(チェ・ヒジン)
キム・ジヌ(ハン・ドンミン)
カ・ドゥッキ(チェ・スギョン)
ほか

スタッフ

演出:キム・ビョンス、チョ・ロクファン
脚本:ソン・ジェジョン、キム・ユンジュ

© CJ E&M Corporation