『終戦ドラマスペシャル 犬の消えた日』2012年7月18日(水)DVD発売

飼い犬を供出せよ! 太平洋戦争から67年、いまだ知られざる悲劇があった。 供出の主たる目的は、戦地の寒さ対策としての毛皮の調達。銃後の守りにつく人々が迫られた逆らいようのない究極の選択…戦時中の実話をもとに描いたセミドキュメンタリードラマ。

商品情報

○昨年8月に「金曜スーパープライム」枠にて放送され多くの話題を呼んだSPドラマのDVD化!
○西島秀俊をはじめ、檀れい、荒川ちか、平田満、内藤剛志、須賀健太ら実力派キャストが出演!!
○井上こみちの『犬の消えた日』を原作に、戦時中の実話をもとに描いたセミドキュメンタリードラマ!
○出演した2頭が犬のアカデミー賞「第1回金の首輪賞」にノミネート!!

終戦ドラマスペシャル 犬の消えた日
商品名:
終戦ドラマスペシャル 犬の消えた日
発売日:
2012年7月18日(水)
品番:
VPBX-13704
価格:
¥3,800+税
収録時間:
本編約95分+特典映像45分
仕様:
カラー/ステレオ/ドルビーデジタル/片面二層/16:9/日本語字幕(本編のみ)

※DVDレンタル同日開始(VPBX-21267)

特典映像収録!(収録時間:45分)

  • PR番組集
    • 犬の消えた日リポ
    • いま戦争を考える 犬の話 @〜C
    • 犬の消えた日前夜
  • PRスポット集
バップで購入

解説

戦争の悲劇を描いたスペシャルドラマ『犬の消えた日』(日本テレビ系、'11年8月放送)のDVD化作品です。飼い犬を供出せよ!―その主たる目的は戦地への防寒用毛皮の調達でした。戦況が厳しさを増す日本で、愛犬までもが命を捧げることを強いられたという悲しい事実を基にしたこのセミドキュメンタリードラマは、多くの人の涙を誘い、戦争の愚かさを改めて心に刻む、強いメッセージをもったドラマでした。西島秀俊、檀れい、荒川ちか、平田満、内藤剛志、須賀健太ら実力派キャストによる迫真の演技は、そのメッセージをさらに深いものにして感動的でした。しかし、ドラマの真の主人公は、アルフと東亜というけなげな二人(2頭)の犬でした。人間の都合によって自らの運命を左右され、それでも黙って運命に従う2頭。その優しい眼差しを涙なくしては見ることはできません。今年2月にロサンゼルスで開催された犬のアカデミー賞ともいうべき「第1回金の首輪賞」では、外国映画部門でアルフ役のビーナと東亜役のイチゴの2頭がノミネートされ話題となりましたが、それも納得の名演技です(ちなみに映画部門の最優秀犬には、アカデミー賞作品賞受賞作『アーティスト』のアギーが受賞)。
そんな『犬の消えた日』のDVDは、ドラマ本編にインタビューやメイキング等の特典映像も加えて収録。ドラマをより広く、深く味わえる内容となっています。

ストーリー

昭和17年、戦時下の東京。縫箔屋を営む松倉(西島秀俊)と静子(檀れい)の娘、さよ子(荒川ちか)は、アルフという名のシェパードをかわいがっていた。足が不自由で自らが徴兵されないことを負い目に感じる松倉は、アルフに軍用犬の訓練を受けさせていた。そんな中、アルフに出征命令が来る。さよ子は父に説得されて、悲しみに暮れながらアルフを戦場へ送り出す。
その後、店の職人・永井(和田聰宏)が、さよ子を気遣って雑種の子犬を連れてくる。さよ子は大喜びし、東亜と名付けてかわいがる。しかし、戦況が悪化。軍用犬にならない飼い犬に対しても供出命令が出て、東亜が連れて行かれることになり…。

キャスト

西島秀俊 檀れい 荒川ちか 須賀健太 和田聰宏 太賀 中尾明慶 寺本純菜 戸田昌宏 タモト清嵐 松尾スズキ りりィ 平田満 内藤剛志 他

スタッフ

原作:
井上こみち「犬の消えた日」(幻冬舎刊行)
脚本:
坂上かつえ
音楽:
太田惠資
演出:
大塚恭司
製作著作:
日本テレビ
※2011年8月12日 NTV系19時〜20時54分放送
©NTV
VAP@WEB