VAP

ようこそ ゲストさん

坂本秀一

映画「青くて痛くて脆い」オリジナル・サウンドトラック

VPCD-86345

2020-08-26 Release

CD

2,750円 (定価/税込 )


予約受付中

-


予約締切日 : 2020-08-19

この青春には、嘘がある。吉沢亮×杉咲花 誰も見たことのない驚愕の青春サスペンス誕生!

在庫 ◎

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    【収録曲】
     ・未定

    【PROFILE】
    坂本秀一(Hidekazu Sakamoto)
    1999年から作曲、編曲の仕事を始める。
    映画、CMなど、映像音楽を中心に、アーティストのサウンドプロデュースなどの分野でも活動中。
    http://hidekazusakamoto.jp

    【映画/イントロダクション】
    「君の膵臓をたべたい」で社会現象を巻き起こした作家・住野よるが発売当時のインタビューで最高傑作と語る衝撃作が遂に完全映画化。「大切な仲間」と「居場所」を奪われた青年が、嘘と悪意にまみれながら復讐していく、青春の青さと痛さと脆さを描いた青春サスペンスが誕生いたします。
    主人公・田端楓(たばたかえで)を演じるのは、映画『キングダム』で、第62回ブルーリボン賞・助演男優賞、第43回日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞を受賞した吉沢亮。昨今、数多くのドラマや映画に出演し、2019年度前期NHK連続テレビ小説「なつぞら」や、2021年にはNHK大河ドラマ「青天を衝け」では主演を務めるなど、現在最も旬な俳優・吉沢が、コミュニケーションが苦手で、他人と距離を置き、その人の人生に立ち入ろうとしない大学生・田端楓を、独特な存在感と確かな演技力で魅せます。吉沢とのW主演で本作のヒロインを務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』で第41回報知映画賞・助演女優賞、第59回ブルーリボン賞・助演女優賞、そして第40回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞し、2019年NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の出演も記憶に新しい杉咲花。繊細な演技力で数々の映画に出演し、2020年度後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」でヒロインを務める女優・杉咲が、理想を目指すあまり空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いている大学生・秋好寿乃(あきよしひさの)を演じます。
    若手ながらも確かな実績を重ね、さらには次期NHKの“大河ドラマ”と“連続テレビ小説”の主演を務める、人気・実力を兼ね備えた吉沢・杉咲のW主演。この“二人でしか”、そして“今でしか”観ることのできない、青春の青さと痛さと脆さが、スクリーンに焼き付けられています。公開は2020年8月28日(金)。誰も見たことのない驚愕の青春サスペンスにご期待ください。

    【映画/キャスト】
    吉沢亮 杉咲花
    岡山天音 松本穂香 清水尋也 森七菜 茅島みずき
    光石研 柄本佑

    【映画/スタッフ】
    原作:住野よる「青くて痛くて脆い」(KADOKAWA 刊)
    監督:狩山俊輔
    脚本:杉原憲明
    音楽:坂本秀一
    主題歌:BLUE ENCOUNT「ユメミグサ」(Ki/oon Music)