VAP

ようこそ ゲストさん

井上鑑

弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜 オリジナル・サウンドトラック

VPCD-81804

2014-05-28 Release

CD

2,700円 (定価/税込 )

「弱くても、勝てる。きっと、うまくいく!」アイツはそう言って、俺たちの前に現れた!日本テレビ系土曜ドラマのオリジナル・サウンドトラック

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    収録曲決定!
    01.Diamond Rhapsody
    02.The Mound Of Dreams
    03.4th Strike
    04.Colors
    05.Changed Up
    06.Gazing Black And White
    07.God Save The Nine
    08.Sunset With Nobody
    09.Diamond Rhapsody Pf Ver.
    10.Diamond Silence
    11.Mr. Elbow's Triumph
    12.A Boy On The Run
    13.Zapping
    14.2strike3ball
    15.Trio Rainbow
    16.Shoe Gaze Song
    17.Sliding Joy
    18.The Bone And Head
    19.Hopeless
    20.Diamond Strut
    21.Massive Diamonds
    22.Overcome And Overgo
    23.小田原城徳高校 校歌
    24.Boys Never Give Up

    ※M23の「小田原城徳高校 校歌」はキャスト歌唱バージョンではございません。

    【音楽】井上 鑑〈プロフィール〉
    1953年9月8日チェリスト井上頼豊の長男として東京に生まれる。和光学園中学校、都立青山高校を経て、桐朋学園大学音楽学部作曲科在学中(三善晃氏に師事)より、CM音楽作編曲家、キーボード奏者として活動を始め、その後、アレンジャー・プロデューサーとして多数のプロジェクトに参加。
    特に大瀧詠一氏とは自称師弟関係を70年代後半から維持し
    「NIAGARA SONG BOOK I・II」「幸せな結末」等に参加、最近作に至る。1981年 single「GRAVITATIONS」(ヨコハマタイヤASPEC TV-CM)で、ソロ・アーティスト・デビュー。
    以降、先鋭的なサウンドと現代詩ともいえる歌詞を駆使して13枚のアルバムを発表。2006年Tchad Blakeのミックスによるオリジナルアルバム[Criteria]発表。ADLIB AWARD受賞。2006年よりマルチチャンネル・SACDフォーマットを使用した音楽インスタレーションプロジェクト[SOUNDINGS]を表参道ヒルズ、NAdiffにて開催。新しい音楽表現の場を創出する試みを具体化させる。完全ソロという形式によるコンサートシリーズ「僕の音」を2010年秋より銀座ヤマハホールにて始める。
    3年を1クールとして企画制作されるもので2012年11月4日に第1期のFINALが予定されている。80年頃に参加した「パラシュート」を始め、信頼しあうミュージシャン達とのユニット的活動も意欲的に継続している。「井山大今」「HARISSA」「RHM」「Green-Ball-Session」「Seven」 等

    【イントロダクション】
    「弱くても、勝てる。きっと、うまくいく!」アイツはそう言って、俺たちの前に現れた!
    日本有数の進学校。そこにやってきたひとりの青年。田茂青志(たもあおし)。30歳目前だが、新人教師。東大で生物の研究を続けてきた男。「異常なセオリーで、異常なことをして、異常な勝ち方をするんだ! それが俺達の戦いだ!」
    青志先生(監督)とへっぽこ野球部は甲子園をマジに目指す!
    はたして、へっぽこ達は弱くても、勝てるのか?
    このドラマは―へんてこ教師が生徒の悩みを解決しながら、へっぽこ野球部とともに「勝利」を、甲子園!? 出場を目指す、笑いと涙の青春学園ドラマです。

    【キャスト】
    二宮和也 福士蒼汰 有村架純 中島裕翔 山崎賢人* 本郷奏多
    間宮祥太朗 桜田 通 鈴木勝大 柳 俊太郎* 平岡拓真 阿久津愼太郎  市川海老蔵
    光石研 川原和久 荒川良々 笹野高史  薬師丸ひろ子


    【スタッフ】
    原作:高橋秀実*『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』(新潮社刊)
    脚本:倉持 裕 
    プロデューサー:河野英裕、大倉寛子
    演出:菅原伸太郎 池田健司 ほか

    *山崎の崎は旧字体となります
    *柳の柳は旧字体となります
    *高橋の高は旧字体となります