VAP

ようこそ ゲストさん

酔いがさめたら、うちに帰ろう。

VPXT-71165

2011-04-20 Release

Blu-lay

5,940円 (定価/税込 )

アルコール依存症をのり越えた戦場カメラマンと別れた妻―。
家族の絆がつむぎだす “大きな愛の物語”―。

在庫 ◎(豊富)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    ■日本映画批評家大賞「監督賞:東陽一監督」「演女優賞:永作博美」受賞!
    ■東京国際映画祭「日本映画・ある視点」オープニング上映作品!
    ■2010年12月4日よりシネスイッチ銀座・テアトル新宿ほか全国公開作品!
    ■アルコール依存症をのり越えた戦場カメラマンと別れた妻、家族の絆がつむぎだす “大きな愛の物語”―。
    ■浅野忠信と永作博美を迎え「監督として最高に幸せ」と東陽一。
    ■主題歌は忌野清志郎!
    ■バリアフリー仕様:視覚障害者対応日本語音声ガイド/聴覚障害者対応日本語字幕収録!
    ■特典映像収録内容:
     ・メイキング映像
     ・浅野忠信&永作博美インタビュー
     ・予告編
    ■初回封入特典:西原理恵子イラストポストカード

    【イラストポストカードイメージ】

    (C)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド
    ※4枚組セット。
    ※劇中に使用した描き下ろしイラスト。
    ※画像はイメージであり、実際のものとは色味等が若干異なる場合がございます。

    【解説】
     監督・脚本は原作に惚れ込んだ巨匠・東陽一。 (『絵の中のぼくの村』でベルリン国際映画祭銀熊賞受賞)、そして自分勝手だけど憎めない主人公を、日本映画を代表する名優・浅野忠信が圧倒的な存在感で演じきっている。
     由紀役の永作博美は女優として鮮烈な輝きを放ち、“母” であり “妻” であることの強さと弱さを見事に体現。
     エンディングに高らかに響く、忌野清志郎の歌声は私たちの心に温かく沁みる。

    【STORY】
     「来週は素面で家族と会うのです。 きっとです。」・・・・と言いながら、ウォッカを飲み気絶した戦場カメラマンの塚原安行(浅野忠信)。 足早に駆けつけ、「大丈夫。 まだ死なないよ」と彼の頬をさする人気漫画家の園田由紀(永作博美)。 ふたりは結婚し、子供にも恵まれたが、安行のアルコール依存症が原因で離婚していた。 10回の吐血、入院、暴力・・・断酒できず、自身も家族も疲れ果て、安行は嫌々ながらもアルコール病棟に入院する。 しかし、そこでの風変わりな入院患者たちとの生活や、個性的な医者との会話は不思議と安堵感を与えてくれたのだった。 すべてを受け入れる妻の覚悟と、家族の深い愛情に支えられ、体力も心も次第に回復してゆくが、安行の体はもうひとつの大きな病気をかかえていた・・・・。 自分の弱さと向き合うことで、やっと見つけた、どん底での希望。 それは、信頼の絆で結ばれた家族のもとに、“心の居場所” に帰ることだった。
     家族が一緒に生きる意味を、私たちに教えてくれる感動作がここに完成しました。

    【CAST】
    浅野忠信 永作博美
    市川実日子 利重剛
    藤岡洋介(子役) 森くれあ(子役)
    高田聖子 柊瑠美
    北見敏之 螢雪次朗
    光石研 香山美子
    浅野忠信 永作博美
    市川実日子 利重剛
    藤岡洋介(子役) 森くれあ(子役)
    高田聖子 柊瑠美
    北見敏之 螢雪次朗
    光石研 香山美子 他

    【STAFF】
    監督・脚本・編集:東 陽一
    原作:鴨志田穣「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(スターツ出版刊)
    主題歌:忌野清志郎「誇り高く生きよう」アルバム『夢助』より(ユニバーサル ミュージック)
    製作:シグロ バップ ビターズ・エンド

    【SPEC】
    収録時間:本編118分+特典/カラー/ステレオ/Dolby True HD 5.1&2.0ch/片面2層/16:9

RELATED ITEMS
関連商品