VAP

ようこそ ゲストさん

太陽にほえろ!1979 DVD-BOX II

VPBX-12994

2008-08-27 Release

DVD

41,688円 (定価/税込 )

伝説のテレビドラマシリーズ「太陽にほえろ!」DVD-BOX!

在庫 △(残り少数)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    ■伝説のテレビドラマシリーズ『太陽にほえろ!』DVD-BOX!
    ■本編はニュープリントをテレシネしたデジタルマスター仕様!
    ■PHOTOデータ集収録!(DISC-014)※初公開も含むカラー写真26点+モノクロ写真24点!
    ■豪華32Pブックレット:貴重なスチール、当時の各話番宣資料などを掲載!
    ■I&IIダブル購入特典:“第363話「13日金曜日 ボン最期の日」台本復刻版”応募券封入!
    ■オーディオ・コメンタリー収録内容:第363話「13日金曜日 ボン最期の日」
     ・出演:宮内淳・木之元亮
     ・ボン、ロッキーとともに鑑賞するボン殉職編。 「あの日」のエピソードをお楽しみ下さい。
    ■アンソロジーメイキング収録内容:「ボンボン刑事の旅立ち・スニーカー刑事登場」(DISC-014に収録)
     ・出演:宮内淳・木之元亮・岡田晋吉(当時日本テレビプロデューサー)
     『太陽にほえろ!』が7周年を迎えた当時の状況を岡田晋吉プロデューサーが回顧。 ボンとロッキーとの三者対談によって、ボンの殉職、スニーカー刑事との交代劇のエピソード。 3人から見たスニーカー刑事を語られます。

    【解説】
     放送開始35周年を迎えてスタートした『太陽にほえろ!』のDVD化計画、今回は1979年BOXの後編です。
     1975年10月の登場以来、約3年9か月という長期に渡り活躍したボンの殉職。 ロッキーを援護するボンの活躍も見られる第362話「デイト・ヨコハマ」。 番組初の2話連続ストーリーで殉職と新刑事登場が描かれる1979年7月13日放映の第363話「13日金曜日 ボン最期の日」と第364話「スニーカー刑事登場!」。 オープニング・テーマがニュー・ヴァージョンになり『太陽にほえろ!』の新たなスタートを演出。 人生観、心の内面を深く描くヒューマニズムな作品が増えていく1979年下半期作品全26話(初映像商品化作品23話)をDVD7枚に収録しました。
     出演者、スタッフが語る当時の撮影秘話などの特典映像、出演者によるオーディオコメンタリー、さらには32Pブックレットなどファンにはうれしい特典が満載です!

    【収録話】
    第362話「デイト・ヨコハマ」
    第363話「13日金曜日・ボン最期の日」
    第364話「スニーカー刑事登場!」
    第365話「その一瞬・・・!」
    第366話「真夜中の殺意」
    第367話「跳べ!スニーカー」
    第368話「事件の背景」
    第369話「その一言」
    第370話「恐怖の食卓」
    第371話「愛するもののために」
    第372話「最後の審判」
    第373話「疑わしきは」
    第374話「直感」
    第375話「護送」
    第376話「右往左往」
    第377話「秋深く」
    第378話「やさしい棘」
    第379話「旅の夢」
    第380話「見込捜査」
    第381話「ともしび」
    第382話「甘ったれ」
    第383話「兄貴」
    第384話「命」
    第385話「死」
    第386話「信頼」
    第387話「雨の中の女」

    【CAST】
    藤堂俊介(ボス):石原裕次郎
    岩城 創(ロッキー):木之元亮
    田口 良(ボン):宮内 淳
    五代 潤(スニーカー):山下真司
    山村精一(山さん):露口 茂
    石塚 誠(ゴリさん):竜 雷太
    島 公之(殿下):小野寺昭
    野崎太郎(長さん):下川辰平
    松原直子(ナーコ):友 直子、他

    【STAFF】
    脚本:小川 英、四十物光男、長野 洋、桃井 章、他
    音楽:大野克夫
    監督:高瀬昌弘、小澤啓一、木下 亮、桜井一孝、竹林 進、児玉 進
    製作:東宝テレビ部
    ビデオ原版制作者:日本テレビ
    ビデオ原版制作協力:東宝テレビ部
    発売元・販売元:バップ

    【SPEC】
    本編1228分+特典映像36分/カラー/モノラル/ドルビーデジタル/片面2層/7枚組

    【特集ページ】
    http://www.vap.co.jp/category/1360314060558/