VAP

ようこそ ゲストさん

ALWAYS 三丁目の夕日 夕日町のひみつ

VPBF-12372

2005-10-21 Release

DVD

3,024円 (定価/税込 )

2005年11月5日公開の映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の副読本!
懐かしい昭和テイスト満載!
第29回日本アカデミー賞12部門受賞!!

在庫 △(残り少数)

今すぐ購入する!

INTRODUCTION
商品紹介

    ■2005年11月5日全国公開の話題作『ALWAYS 三丁目の夕日』関連DVD!
    ■当時のニュースやメイキングなど映画がもっともっと面白くなる映像を満載!
    ■紙物“ふろく”封入など、懐かしい昭和テイスト満載!
    ■2005年・秋の日本映画界を占うキーワードは“昭和ブーム”!
    ■封入特典:東京タワー紙模型/少年雑誌風ジャケット(裏面)/夕日町写真セット(3枚)

    【解説】
     『半落ち』『四日間の奇蹟』の佐々部清監督の手になる、古き良き昭和の映画館の幕間芸人を描いた『カーテンコール』、そして30年以上にわたる空前の長期連載作である西岸良平氏の漫画を原作とした、昭和30年代の東京の下町が舞台となった『ALWAYS 三丁目の夕日』が2005年・秋、相次いで公開されます。 映画の話題とともに “昭和時代” にも関心が集まる中、そんな映画と昭和時代の両方の情報をぎっしり詰め込みました!
      『ALWAYS 三丁目の夕日』の見どころのひとつは、昭和30年代の街並みの完全なる再現です。 『ジュブナイル』や『リターナー』でVFXジャンルの本格的開拓に成功した監督として知られる山崎貴監督は、旺盛なチャレンジ精神と最新のVFX技術によりリアルな昭和の街並みをみごとに再現、未来への夢と希望に燃えていた日本人の心の原風景として映像化することに成功しました。 また、『北の国から』、『Dr.コトー診療所』などのテレビドラマでもおなじみの吉岡秀隆をはじめ、堤真一、小雪らキャスト陣も充実! 昭和という時代と、その時代の人々の心を描いた見ごたえのある作品として、注目を集めています。
     そんな『ALWAYS 三丁目の夕日』のメイキング映像や撮影所セットの紹介から、当時を知ることのできるニュース映像などを収録! さらに、ジャケットは昔の少年雑誌風仕様、紙物“ふろく”も封入するなど、懐かしい昭和テイストがいっぱい。 映画がもっともっと面白くなる、必見の副読本的DVDです!

    制作:バップ
    制作協力:Dプロジェクト
    映像協力:読売映像
    協力:読売新聞

    【SPEC】
    収録時間:50分/カラー,モノクロ/ステレオ,モノラル/ドルビーデジタル/片面1層

RELATED ITEMS
関連商品