第7回「DVD第1巻発売!」(2005.08.22)
文/上江洲誠

 ご無沙汰でございます。
 少し前に、「いよいよ放送開始!」と書いたような気がしますが、時の流れは早い物で、「いよいよクライマックス!」と書く頃合いになってまいりました。
 1クールアニメ作りの面白さと、短い故の寂しさを感じています。
 どうぞあと4回、ますますの大暴走に振り落とされることなくお付き合いくださいませ。
 番組も中程を過ぎますと、現場スタッフのローテーションも2周3周して、いよいよフィルムにも脂がのって参ります。演出、絵作りの方も「なるほど、こういうことか! ギラリ!」と筆の滑りが良くなります。
 そこで交通事故を起こさないようにコントロールするのが「監督」というお仕事なのですが……元永慶太郎監督(ロマン派)はサドであり、趣味は人間ロデオであり、好きな映画はS・セガールの『暴走特急』なので、もっと暴れろと高揚の歌を歌います。高らかに。
 そういうわけなので春佳が「にゃんにゃん」言い出したり、結子が女装(ん!?)を始めたり、陽の小鬼が小芝居を初めたりし、制作予算がオーバーしたりても、止めようなどとはしません。つーか、もう止まらないのです!
 そんな無軌道に、一つ一つ許可をしていただいた原作・宗我部先生に多謝(そういえば東京キャラショーで、久しぶりに先生とお会いしました。僧衣を着たキャストの皆さんの姿を、我が子を愛でるように慈しんでおりました)。
 今現在、視聴していただいた皆さんから、大変な反響をいただいております。僕らもAT−Xも嬉しい悲鳴でヤッホウ!
 肩のこらない作りを徹底して、本当に良かったなと胸をなで下ろしています(シナリオはとても前の段階で作業が終わるので、感想をいただくまでの数ヶ月、ドキドキなのです)。
 そんな絶好調の『あまえないでよっ!!』ですが、早くもDVD第1巻が発売になります。本当に早い!
 えーと、発売日は……あ、もう何日もない!
 8月24日(水)発売だと聞きました(詳細は、このサイトを確認だ!)。
 気合いの入った作りをしてまして、いろいろ特典が付きます。
 僕も、音声ドラマ用シナリオを書き下ろしました。
 たっぷり20分もあるオリジナル編で、第1話より前の話になります。本編と合わせて楽しんでいただければ幸いです。
 夏の最後を彩る、ナイスな1本なのではないでしょうか。
 大切な人へのプレゼントに。
 結婚式の引き出物に。
 お中元のお返しに。
 是非どうぞ。【――以下次回】

<プロフィール>
フリーランスアニメ脚本家。若い衆だが会話内容は40代。歌舞伎町で職務質問される毎日。代表作は「ゆめりあ」。